年代別転職情報

【30代】まだまだ遅くない!30代薬剤師の転職事情

投稿日:

【30代】まだまだ遅くない!30代薬剤師の転職事情

30代と言うと仕事にも慣れ、ある程度の経験を積んだ年代。将来の方向性について改めて考えるのとともに転職について考える人が増える年代です。
結婚、出産をして20代の頃と生活がガラッと変わることも多いというのも理由の1つです。

30代での転職はキャリアアップや年収アップに繋がる成功例も多く、また他の業種への転職が出来るチャンスも十分にあります。どんな点に注目して転職活動を行えばいいのか?そのポイントをご紹介します。

 

30代での転職活動

一般企業において30代になってからの転職と言うと難しくなってきます。30代前半であればまだ希望はありますが、35歳転職限界説というものが存在するほど。これは35歳を過ぎると転職が一気に難しくなるということを言います。

しかし薬剤師の資格を持っている場合、一般企業よりも転職活動はスムーズに成功しやすいです。30代前半ともなれば未経験の業種であってもすんなり受け入れてもらえるほど。薬剤師になるには6年制の大学を卒業する必要があるので最速でも24歳から。30代前半ではスキルの差はそこまで大きく無いと考えられているためです。

 

30代の薬剤師は"どんな経験をしてきたか"を重視

30代となると薬剤師として働き始めて5年以上経過している年齢です。その間「ただ指示された調剤だけを行っていた」薬剤師と「積極的に知識とスキルを身につけ、薬剤師会でも活躍していた」薬剤師とでは大きな差が出てきていることでしょう。
求人側にとっても良い条件で採用したいのは熱心な後者の薬剤師です。
その他、30代になると「管理薬剤師やエリアマネージャーとして部下を管理する仕事」「会社の経営業務」「会社全体としての成果を出すためのマネジメント」など調剤以外の経験を積むことも多くなります。

このようなスキルや経験の差が出るのが30代であり、良い転職を実現できるかどうかはそれまで働いてきた姿が反映されると考えてください。

20代での転職活動についてはこちらの記事

 

調剤スキルの無い場合は?

それまでは一般企業に勤めており、調剤未経験の状態である場合。調剤作業のある調剤薬局や病院、ドラッグストアへ転職するとなると不安に感じてしまいますよね。この場合は異業種への転職になり、一般薬剤師としてゼロからスタートすることになります。
薬剤師の求人には2パターンあり、「調剤スキルを持っている即戦力としての薬剤師」を求めているのか「調剤未経験でも問題ない」としているのかを確認する必要があります。どちらも同じくらいの数存在しているので、自分は調剤未経験だから・・と諦めてしまうのは早いです。

薬剤師として新たにスタートしたいのであれば即戦力を求めている求人を避け、未経験であっても問題なく受け入れてくれる求人へ応募しましょう。

 

病院薬剤師にはなれる?

30代の転職で注意したいのは病院薬剤師になりたいと考えている場合。"病院薬剤師に憧れている"、"病院薬剤師を経験しておきたい"と思っている人は多いです。
この場合はすぐにでも求人活動を開始して「病院薬剤師未経験」でもOKな病院を探しましょう。なぜなら病院は薬剤師の採用に年齢制限を設けていることも多く、年齢の高い人を受け入れてくれません。病院の規模が大きくなるほどその傾向は強くなります。

では、病院薬剤師に年齢制限があるのは何故なのでしょうか?これは、病院薬剤師の仕事内容は年齢が高くても低くてもそこまで変わらないことに由来しています。仕事内容が変わらないのに年齢が高くなると高い年収を希望されることもあり敬遠されがちです。
また、病院では夜勤があります。年齢が高いと夜勤も頼みにくくなるというのも理由です。
仕事内容が同じであれば、夜勤も積極的に引き受けてくれる素直な若い人の方が病院側は必要としています。
こうした理由により30代で病院薬剤師を目指したいのであればすぐに行動に移すべきなのです。
しかし、例外として慢性期病院や小規模・中規模の病院であれば年齢が高めでも比較的受け入れてくれる場合もあるのでぜひ転職コンサルタントに相談してみましょう。

常勤職員は35歳まで」「40歳までの薬剤師はエントリー可能」などのように年齢制限が設けられているのは常勤の薬剤師です。非常勤職員派遣として働く場合であれば問題ありません。


 

一般企業への転職は?

薬剤師の活躍できる場は病院や薬局・ドラッグストアだけに留まりません。中には一般企業に勤めている薬剤師も存在し、この人達は企業薬剤師と呼ばれています。
30代薬剤師の一般企業への転職はそれまで専門性を磨いて結果を出してきた人であれば何の問題もなく転職できます。しかし、あまりスキルのない人が一般企業へ転職しようとすると難易度が上がります。

企業薬剤師の職場や特徴について見ていきましょう。
MR
MRとは医薬品情報担当(Medical Representatives)のこと。製薬会社で働く営業・広報担当者です。
自社の医療品を安心安全に使ってもらうため、「製薬会社が製造した薬に関する情報」つまり商品の品質や効能・安全性などを医師や調剤を行なう薬剤師へ提供します。
それ以外の業務としては自社の医療品の服用効果や副作用などの情報収集宣伝や販売などの営業活動も行います。

MRになるために薬剤師の国家資格は必要ありません。そのため、文系出身のMRもたくさんいます。その中で薬剤師の免許を持っているとなれば薬の専門知識を生かした営業を行うことができるとし、重宝されます。

DI
DIとは(Drug Information)の略。日本語では「医薬品情報管理」と言われています。薬に関する詳細な情報を分かりやすく伝えるための役割を担う仕事です。

薬の添付文書について、医師や薬剤師からの問い合わせに対応します。
安全情報や関連文献などの医療品情報を正確に伝えなければならないため、ビジネスレベルの英語力が必要になります。

CRA
CRA(Clinical Research Associate)の仕事は臨床開発がしっかりと行われているかを確認することです。臨床開発モニターとも言います。
医薬品開発受託機関で働き、治験の準備やデータのチェックを行います。

CRC
CRC治験コーディネーターとも呼ばれます。正式な名前は(Clinical research coordinator)。
治験を行う医療機関へ出向き、患者さんに対して治験の説明やスケジュールの管理を行います。忙しい医師に代って患者さんに治験の内容を分かりやすく、丁寧に説明する仕事とも言えます。
薬剤師免許を持っていなくてもCRCになることは出来ますが、薬の知識を活かしながら他の職員と差別化を図ることでより早い昇進を目指すことも可能になるでしょう。

製薬会社や医療品卸会社の管理薬剤師
製薬会社・医療品卸会社は、各事業所に管理薬剤師を配置する決まりがあります。これは医薬品医療機器等法によるもの。
薬の品質管理や医薬品への問い合わせ対応、調査などを行います。処方箋に基づいた薬の処方を行わないことがドラッグストアなどに務める薬剤師との違いになります。

受け入れてもらいやすい職場・受け入れてもらいにくい職場

この中でも製薬会社医薬品卸CROなどへの転職は年齢が高いとそれだけで難しいです。もし20代であれば未経験でも受け入れてくれる企業もありますが、30代であると経験がなければ面接に漕ぎ着けることが出来ないことさえあるのです。

一方で、年齢が上がっても比較的受け入れてもらいやすい職種はDI品質管理CRCなど。それでも若い人であるほど採用されやすいです。そのため、一般企業で働きたいと考えている場合は、若いうちに求人を探すのが良いでしょう。


 

30代で転職する理由

30代の薬剤師が転職を考える理由は様々です。複数の理由が重なって転職をするという人も多く、一概にコレ!ということは出来ませんが以下のような理由があります。

人間関係や労働環境

薬剤師に限ったことではありませんが、人間関係や労働環境が理由で転職を考える人はかなり多いです。薬剤師の場合、狭い職場で少人数で仕事をすることも多く、人間関係が上手くいかないと相当なストレスになります。

20代のうちは仕事に慣れるために必死な毎日だったとしても、30代になる頃には後輩の指導をしたり職場全体のマネジメントを任されたりする機会も増えてきます。

段々といま自分が置かれている状況を客観的に見ることが出来るようになり、このままでいいのかな?と考え始めるのが30代。他の職場で新たな挑戦をしてみたいと思うのです。

また、単純に労働環境が悪く「残業が続いているためこのままでは体力がもたない」など見切りを付ける人が多いのもこの年代です。20代のうちは若さで乗り切ってきたことも段々と無理がきかなくなってくるのです。

 

年収・給料が低い

将来のことを考え、収入を増やすために転職する人は多いです。中でも病院薬剤師の人はこの理由であることが多いです。病院勤務だと給料が低く、年収が高い調剤薬局やドラッグストアへと転職をするのです。

参考に、30代薬剤師の平均年収を見てみると以下のようになります。

年齢 年収 給与 ボーナス
30~34歳 464.0万円~564.0万円 35.2万円 141.0万円
35~39歳 479.7万円~583.7万円 36.5万円 145.9万円

この表は役職や地域差を考慮していないので参考程度で考えてください。ただ、これらの統計データであっても大まかな把握はできるため、いま自分の給料が高いか低いかを見極めるようにしましょう。

 

スキルアップがしたい

今の職場に慣れきってしまい、このままではスキルアップが見込めないと考え転職をする人も居ます。例えば扱っている調剤が少ないなどの理由で仕事は楽だけれど、勉強になることが少ない。もっと多くの種類の薬を扱うところで働いてみたいというケースです。

幅広い知識を身に着けたいと考え、調剤薬局から病院などのベチの業種へ転職するパターンもあります。

 

出世のためのステップアップ

現在働いている職場では役職のポストに空きが無い。このまま働いていても出世の道は厳しいと考えて転職する人も居ます。
せっかく働くのであれば行く行くは出世ができる場所の方が仕事のやりがいも生まれますよね。

職種によって就くことのできる役職は異なります。調剤薬局であれば管理薬剤師薬局長、ドラッグストアは管理薬剤師、病院なら薬剤部長薬科長などになります。

 

結婚・出産・転勤

女性薬剤師であれば結婚や出産によって生活が大きく変わり、これがキッカケで転職することも多いです。退職という選択肢もありますが、仕事を続ける場合でも引っ越しで住所が変わり、通勤時間が長くなってしまうなどの弊害が生まれることも。家から近い職場へ転職し、仕事と家庭の両立を図りたいというパターンです。子供がいる場合は育児に理解のある職場で働きたいと思うのは当然のこと。

また、ある程度子供が成長し子育てが一段落したので復職したいという女性も多く居ます。このときは正社員かパート薬剤師のどちらが適切なのかをよく考えてみる必要があります。

 

地元へ帰るため

Uターン転職として地元に帰るために転職する人もいます。30代となると家を購入したりと生涯住む場所を考える機会が増え、そのタイミングで地元に帰りたいと考えるのです。また、家庭の事情で地元に戻る人も居ます。

 

30代での転職で失敗しないために

30代での転職は人生の大きな転換になることが多いです。新しいことを学ぶための転職、キャリアを積むための転職など。では、30代での転職で失敗してしまわないためにしっかり考えておくべきことは何なのでしょうか?確認していきましょう。

 

なぜ転職するのか?その目的をハッキリとさせる

転職活動を行う前にハッキリさせておくべきなのは「転職をして何を得たいのか」 という転職の目的です。
なぜ転職するのか目的がハッキリしていない場合、失敗に終わってしまう確率はとても高くなります。
何を求めていまの職場を変更したいのか?よく考えてみましょう。場合によってはやみくもに転職するよりも今の職場に留まった方が良いということに気づくかもしれないからです。

例えば転職理由を単に「年収を上げるため」と設定している場合、目的が曖昧過ぎます。年収アップを望むのであればいくら上げたいのかまでまで考えましょう。「年収を50万円上げたい場合」と「200万円上げたい」場合では働き方も大きく変わります。
200万円の年収アップでを望んでいるのであればいくら近所の調剤薬局へ転職し直したところで目的は達成されないでしょう。田舎の薬局で働くことを検討したり、激務の職場で勤務する、MRなどの高収入を狙える業種へ転職することの検討が必要になります。

転職理由として挙げられるのははもちろん年収だけではありません。もっと患者さんに向き合う仕事がしたいと考える人や、病院薬剤師を経験しておきたいと考える人など、その理由は十人十色。
いずれの場合でも具体的に考え、転職活動中にブレてしまうことの無いようにいつも心に留めておくと良いでしょう。

実際に転職活動を始めると転職先企業の情報が膨大に入ってきます。すると家から近いだとか新しい病院であるとか、当初の目的を見失った理由で転職をしてしまうことに繋がります。
転職した時は満足していても、後になって後悔することが多いのはこのパターンです。


 

条件の優先順位を考える

ただし、自分の要望を全て叶えようとするのは現実的ではありません。いくつもある条件を全て満たす職場を探すのは不可能にも近いからです。これだけは絶対に譲れないというものを決めておくと軸がブレることなく転職活動中を進めることが出来ます。

多くの薬剤師は転職の際に転職サイトを活用して求人を探します。その際に担当に就いてもらう転職コンサルタントへも"絶対に譲れないポイント"を伝えることで候補のピックアップもスムーズになります。

しかし、中にはいくら要望を伝えてもピッタリの求人を紹介してくれない転職エージェントも居ます。転職サイトは1社だけに絞るのではなく複数利用するのが鉄則です。

 

年収をとるか、成長を取るか

転職先を検討する時、出来れば給与も高く学習の機会も多い職場が理想ですね。しかし、これを両立させるのはなかなか難しいかもしれません。
給与は高いけれど、扱う薬の種類は少なくて学習の機会が減ってしまいがちなのはドラッグストアです。対して、学習の機会は多いけれど給与が低い職場の代表は病院になります。

どちらが良いかは人によって異なります。しかしどちらを選ぶか決められない、悩んでいるという場合は学習の機会が多い職場が良いかもしれません。まだ若い30代のうちであればどちらでも選ぶことが可能ですが、40代以上の年齢になると病院への転職は難しくなるためです。

 

未婚?既婚?子どもは居る?

30代での転職は結婚しているかどうか、そして子どもは居るのかなど様々な条件が絡んできます。それぞれの場合について優先させるべきことを見ていきましょう。

 

結婚をしていない人

現在独身の人やしばらくは結婚の予定がない場合、転職条件として優先させるのは自分のやりたいことです。「病院薬剤師を経験しておきたい」「薬局でかかりつけ薬剤師を目指してみたい」など、行いたいことを第一に考えて求人を探せばOKです。
独身である場合、家庭のことを考える必要が無いので自由度がとても高いです。勉強時間も多く取れるのでスキルアップもしやすいです。自分を第一に考えられるのは独身の特権でもあります。自分の目標に向けた転職活動を行いましょう。

 

結婚している・子どもが居る場合

同じ30代の転職であっても結婚している、子どもが居る場合は優先すべきことも大きく違ってきます。家庭のある場合は家族を支えなければいけません。男性であれば年収を第一に考えましょう。年収の高い職場、もしくは今の年収を維持できる職場を探すべきです。
また、女性薬剤師であれば残業がどのくらいあるのかなど勤務時間を気にする人が大半です。子どもが居るのであれば職場の協力も不可欠になってきます。育児に理解のある職場を探しましょう。
家庭をもっている人は自分一人だけのことを考えればいいわけではありません。年収や勤務条件をよく考えて転職を考えましょう。

 

子育てに余裕が出てきた人

女性薬剤師の場合、子供の年齢が少し大きくなってから薬剤師として復帰することは多いです。このとき正社員として復職を検討するのも良いですが、実際にはパートや派遣として復帰する人が多いです。
その理由として「時間的な余裕や自由な働き方が出来るというメリットを重視すると無理なく復職できるから」ということからです。正社員で働いている人であっても、仕事と家庭の両立が難しいという人はパートや派遣へ転職することを視野に入れても良いのではないでしょうか。

 

疑問点は面接時に解消しておく

企業から出されている条件に疑問箇所が出てくる場合もあります。給与や労働条件などの融通は効くのかどうか、実際に転職したら具体的な仕事内容はどのようなものになるのかなど。このような疑問を曖昧にしたまま転職をしてしまうと思っていたのと違うということでミスマッチが起こってしまう可能性が高くなります。疑問点は面接時にしっかり確認しておきましょう。なお、直接聞きづらいような質問は転職コンサルタント経由で確認してもらうのも良いでしょう。

 

職場見学を行う

転職コンサルタントや面接官の話を聞くだけでは分からないことがたくさんあります。職場の雰囲気が悪い、人間関係がギスギスしているなど事前に知っていれば避けることの出来ることは多いです。そのために大切なのは事前に職場見学を行うこと。数十分の見学で全てが分かるわけではありませんが、見学することで明らかに雰囲気が悪い職場などは避けることが可能になります。
中には職場見学を拒否するところもあるかもしれません。そのような職場は見られると困ることがある場合がほとんど。慎重になるのであれば転職を控えるべきでしょう。

 

30代で考えるのは自分のキャリア

30代は異業種を含めた新たな分野へ挑戦できる最後のチャンスでもあります。40代以上になると病院や一般企業への転職が非常に難しくなることは先に述べた通りです。調剤薬局やドラッグストアは40代や50代でも転職可能ですが、病院などで働いてみたいという場合は30代のうちに動いておかないと取り返しがつかなくなります。
しかし新しい事に挑戦できるチャンスとは言え、結婚して家庭をもっている人については家庭のことを第一に考えるべきです。ここを考えずに転職を進めてしまうと結局上手くいかなくなってしまい、再び転職をしなければいけなくなるという可能性もありますので注意しましょう。

転職したいということは、現在の職場に対して何かしら不満があるということでしょう。その不満を明確にして、次の転職では何を第一に望んでいるのかを明らかにします。これを転職サイトのコンサルタントへしっかり伝えることが転職成功への第一歩になります。

 

-年代別転職情報

Copyright© 薬剤師転職の比較サイト「給与か休日か安定か。はい全部です!」 , 2019 All Rights Reserved.