年代別転職情報

【40代】重要なのは経験。重視すべきコトや成功のコツ

投稿日:

【40代】重要なのは経験。重視すべきコトや成功のコツ

40代での転職、と聞くと非常に難しいイメージがあるのでは無いでしょうか?20代や30代の時とは違い、将来の成長に期待して採用するということはまずありません。それは一般企業であれば尚更のこと。
一般的に40代での転職は失敗することが多い、高い専門性や経験が無い場合にはそもそも求人が無い。という状況にもなります。

しかし薬剤師の場合は少し状況が変わってきます。元々転職が有利な薬剤師ですが、それは40代になっても変わりありません。極端な話、調剤未経験であったとしても大丈夫だという求人さえ存在している程です。

とはいえ、年齢が若い人であるほど市場価値が高いというのは事実。薬剤師であっても40代では受け入れてくれない求人先というものはやはり存在しています。40代で転職を考える場合はこういった事情をよく理解したうえで転職活動を進める必要があります。

 

40代の薬剤師は何を期待されているのか

正直なところ、20代の薬剤師が転職するときの求人側の期待はあまり大きなものではありません。一般的な薬剤師と同じように業務をこなせるかどうか、やる気はあるかどうかというくらいです。
では、40代の薬剤師に対して求人側が期待していることは何なのでしょうか?40代薬剤師の強みについて男女別に確認していきましょう。

 
男性薬剤師の強み
40代の男性は管理薬剤師を経験していたり、一般企業で働いているのであれば管理職やマネージャー職に就いている人も珍しくありません。早い方だと部長などの役職に就いている場合も。40代の男性薬剤師の強みは、知識と経験が豊富であることです。

管理薬剤師とは

管理薬剤師とは、薬局や薬を扱う部署の現場責任者という事ができます。つまり薬剤師の管理職と考えて間違いないでしょう。薬事法では医薬品を扱う現場には必ず管理薬剤師を置かなければならないと定められており、薬局などには管理薬剤師が1人は在籍しています。
業務内容は医薬品の在庫管理など一般薬剤師と同様の仕事の他、部下スタッフへの指導や管理を行います。

管理薬剤師になるために必要な資格などはありません。同じ職場に長く勤めることで認められ、管理薬剤師へと昇進できる場合があります。しかし、ひとつの職場に対して配置される管理薬剤師は1人が基本。長く勤めていても前任者がいる間は昇進が難しいケースもあります。

薬剤師になってからの年数も長く、蓄積されてきたものも多いはず。幹部候補になるなど、これからのキャリアアップも充分狙える年齢です。定年までまだ時間があり、経験も充分に積んだ40代はいかにキャリアアップが出来るかを念頭に入れて転職活動を行いましょう。

 

女性薬剤師の強み
女性の場合、20代後半~30代は子育てなどの事情によりパートなどで働いている人も多いです。しかし40代になる頃には子どもの手も離れ、また正社員として働いたりフルタイムで勤務する事が出来るようになります。
経験があり、フルタイムで働くことのできる人材が増えるというのは求人側としても嬉しいこと。
たとえ子育て期間中に一旦退職をしていてブランクがあるという場合でも考慮してくれることも多いです。
面接の際に担当者へその旨をしっかり報告し、これからまた改めてスタートしたいという意思を伝えましょう。
また、その際に重要になってくるのが職場見学です。数年働くことから離れていたとなると不安なことも多いもの。予め職場の雰囲気を知っておくことで不安が解消される場合もあるからです。

もちろん、ずっと仕事を頑張り続けてきた場合には女性でも管理職やエリアマネージャーになるといった道があります。薬剤師業界には女性が多いので、年収や昇進の面において男女の差はほぼ無いと言えるでしょう。
他の職種にはまだまだ男女の差が存在しているケースがあります。それに対して薬剤師業界では女性の社長も多く、昇進するチャンスも掴みやすい業界とも言えます。

 

今まで積み重ねてきたもので勝負

40代の薬剤師に求められているものはそれなりの知識と即戦力になれるかどうかという点です。前の職場で役職に就いていたのであれば大きな材料になりますし、そうでない場合でも薬剤師として積み重ねてきたものは多いはず。それらを武器に面接へ挑みましょう。

採用担当者が40代の薬剤師を面接する際にチェックするのは次のようなポイントです。自分ならどう答えることが出来るのか考えてみましょう。

  • 今後の具体的なビジョン(働き方、キャリアなど)
  • 人材を育てた景観はあるか
  • 即戦力になるスキルはあるか
  • 前の会社を辞めた理由
  • 心身の健康状態
  • コミュニケーション能力に問題は無いか

 
では、未経験の分野へ転職をしようと考えている場合はどうなのでしょうか?未経験の分野ですぐに戦力になるというのは難しいこと。未経験分野への転職については後で詳しく説明しますが、転職先によっては可能だということを覚えておいてください。

 

調剤薬局、ドラッグストアへの転職

調剤薬局やドラッグストアへの転職の場合、調剤経験の有無が重要になります。調剤経験があれば即戦力になることが可能だからです。そのため、年収や労働条件の交渉についても有利に進めることができます。
また、前職で管理薬剤師やエリアマネージャーを経験している場合には管理職として転職することも可能です。新規店舗の管理薬剤師として就職したり、将来の管理職候補として採用されることも。管理職になった場合は年収や待遇が良くなることも期待できます。

管理職として転職したい場合、大手チェーン薬局であったり地元で数十店舗を経営している薬局の求人へ応募すると管理職になれる可能性は上がります。店舗が多い分、必要な管理薬剤師の数も多いからです。

ここで勘違いしてはいけないのは病院など他の業種で薬剤師をしていたという場合。この場合は管理薬剤師として調剤経験があるとはいっても、一般薬剤師からスタートするのが基本です。まずは薬局の業態や仕事の内容を理解する必要があり、いきなり管理職として働くことはできないからです。

薬局・ドラッグストア未経験の場合は?

病院薬剤師しか経験していない場合は少々パターンが変わってくるとは言いましたが、調剤経験があるのなら一般薬剤師であっても即戦力として活躍できます。調剤薬局での経験が無くても調剤や監査、服薬指導など病院と共通の業務については問題なくこなせるからです。こういった方は職場に馴染むのも早い傾向があります。

 

では、調剤未経験の人はどうなのでしょうか。基本的には40代で調剤未経験であっても受け入れてくれる求人は多いです。しかしこの場合は一般薬剤師からスタートすることになり、年収は新卒薬剤師と同じか少し高いくらいになります。スキルが無い未経験の状態なのでこれは仕方のないこと。それに満足できない場合は経験のある職種へ転職する方が良いでしょう。

 

病院への転職

40代で薬剤師が病院へ転職する場合、非常に厳しくなります。特に急性期病院では年齢が高いというだけで受け入れてくれない場合がほとんど。病院薬剤師の業務自体は、年齢が高くても低くてもそこまで代わりません。年齢が若ければ年収が低くても我慢してくれますし、夜勤などのハードな仕事も頼みやすいです。そのため、病院への転職は年齢が高いほど難しくなります。

しかし病院への転職は絶対に無理なのかというと必ずしもそうではありません。急性期病院を含め、大病院を避ければ可能性はあると言えるでしょう。
病院の中でも薬剤師として知識やスキルを磨くことができる急性期病院は非常に人気です。その一方で慢性期病院を含めた中小病院はそこまで人気ではありません。すると薬剤師の募集が集まらないため、こうした求人であれば受け入れてくれる可能性があります。

ちなみに、薬局とは違い病院の管理職として転職することはヘッドハンティングされない限り無理でしょう。病院の管理職はその病院内で長年頑張った後に昇進試験などをクリアした人が就くのが基本です。そのため、管理職での転職は通常存在しないのが薬局とは違う点です。

 

一般企業への転職

一般企業で働きたいという場合、残念ですが40代での転職は諦めた方が良いでしょう。一般企業ではたとえ薬剤師資格をもっていたとしても、あまり大きなメリットにはならないからです。そのため、薬剤師資格を持っていない他の人と同じ条件で勝負することになります。すると40代の人はよほどの経歴が無い限り基本的に受け入れてもらえることはありません。若くて将来性のある20代や30代の人が選ばれてしまうのが現実というもの。
薬剤師資格が転職時に絶大な効果を発揮するのは調剤薬局とドラッグストアだけです。
よほどの人脈やコネクションがない限り、未経験の状態で一般企業へ転職することは出来ないと考えた方が良いでしょう。


 

では、これまでずっと一般企業に勤めている人はどうなのでしょう?結論から言ってしまうと一般企業での経験があっても40代での転職は厳しいのが現状です。
ただ、それまで一般企業で長いキャリアを積み成果を出している人であるなら話は別。この場合は転職に挑戦する価値が大いにあります。
一般企業では薬剤師以外の人とも競争しなければなりません。単に薬剤師資格があるというだけ長所としては弱いので、他の経験やスキルが注意深くみられるようになります。
例えばMR薬事申請開発職などの経験をしており、さらには「ビジネス英語を自由扱える」「マネジメント経験がある」などの付加価値があると有利になるでしょう。
薬剤師資格以外の武器を多く持っている人ほどハイキャリアの転職を実現できる可能性があるのです

 

40代薬剤師の転職理由

40代と言えばそこそこに経験を積み、仕事でも家庭でも責任を持たなければいけない事が増えてくる年代でもあります。そのような年齢で転職を考える薬剤師はどのような理由を持っているのでしょうか? 具体的に確認していきましょう。
 

キャリアアップを実現するため

40代の薬剤師の中には管理薬剤師エリアマネージャーなど、マネジメントを行う側の人として転職することがあります。最初から立場が上の状態で入社することを前提とした転職です。
長年同じ職場で仕事をしていると、その職場で働くことに疑問を感じることも出てきます。
「長年人より努力をしてきたつもりなのに、入社が早いという理由だけで他の人の昇進が決まった」「上のポストがほぼ空いてなく、昇進のチャンスが無い」など、腑に落ちない出来事が重なったときに自分を正当に評価してくれる職場で働いてみたいと感じるようになるのです。

これはハイキャリアの転職とも呼ばれます。ハイキャリア転職を行うためには、一般薬剤師として日々の業務をこなしているだけではもちろんダメです。部下をもったりマネジメントを行ったりするなど、普段から仕事を精力的にこなしている必要があります。

 

年収を上げるため

ハイキャリアでの転職で目指す自分の力を正当に評価してくれる職場とは、率直に言ってしまうと年収アップすることのできる職場とも言えます。単純にいまの職場の年収が低くて納得がいかないと感じ、経験を活かして転職する人も多くいます。ある程度の調剤経験とスキルがある場合、年収アップを実現できる可能性があります。
子育てのためにお金が必要になったり、老後の蓄えについても考え始めたい年齢でもある40代。現在の年収では先行きが不安だと感じた時にこの理由で転職をする人は多いです。

 

家庭の事情

地元に帰るために転職する、配偶者の転勤に付いて行くためなどの家庭の事情で転職をする人も多く居るのが40代の特徴です。
結婚などで環境が変わることが多い20代後半~30代に対して40代もまた生活の変化が起こりうる年代です。この場合はキャリアアップや年収を気にして転職することが難しい場合もあります。
これまでは田舎で働いていたので給与が高かったけれど実家のある都心へ転職した結果、給与が下がってしまったというのはよく聞く話です。キャリアや年収よりも働く場所が再優先事項になってしまうため、やむを得ないとも言えますが転職するのならより良い条件で働きたいものですね。
そんな時に心強いのは転職エージェントの存在です。引っ越し先での転職は距離もあるので分からないことも多くあります。自分1人で求人を探すより、その土地の就職状況に詳しい転職エージェントと協力することで転職成功の可能性は大きく上がります

新しい土地での転職について詳しく知りたい方はこちらの記事もどうぞ

初めての土地で転職を成功させるには
新しい土地で薬剤師として転職を成功させるには?

家の事情などで引っ越しを余儀なくされることがあるかもしれません。今まで住んでいた場所の近くであったり、薬局などにツテがあるという土地であれば問題ありませんが大抵の場合は見知らぬ土地への引っ越し。 知ら ...

 

子育てからの復帰

女性薬剤師に多いのが子育てが落ち着き、もう一度薬剤師として復帰したいという人です。正社員だけでなくパートや派遣として復職するなど働き方は様々。40代は家のローン子どもの学費がかかったりとお金が必要な時期でもあります。ここで薬剤師の資格を活かしてまた働くことはできないか?と考えるのです。
この場合はブランクがあったり調剤未経験であったりと最高の条件とは言えないかもしれません。しかし調剤薬局や調剤併設ドラッグストアならば「ブランクあり」や「調剤未経験」であっても受け入れてくれる求人が多くあります。スムーズに復帰するのであればこうした求人へ応募すると良いでしょう。
 

40代薬剤師の転職時に考えるべきこと

転職先は中小規模の薬局がおすすめ

40代の薬剤師が転職を果たすには中小規模の薬局などを狙うことが1つのポイントです。
これがもし幹部候補を狙うハイキャリアの転職であるなら規模の大きい薬局を目指しても問題ありません。しかし、それ以外は中小規模の薬局を視野に入れるべきでしょう。

前述の通り、製薬会社などの一般企業への就職は既に豊富な経験のある人以外は厳しいです。また、病院への転職は年齢が高いほど難しくなる上、給料も低いので止めた方が良いです。
そこで魅力的に映ってくるのが調剤薬局やドラッグストアです。

その中でも中小規模の調剤薬局やドラッグストアを狙うべき理由は何なのでしょう?
それは、大手チェーン薬局になるほど一般薬剤師では年収が低くなってしまうからです。また、場合によっては転勤を命じられてしまうことも。
一方で中小薬局であれば、転勤があっても特定の地域に限られます。また上の立場の人に対しても意見が通りやすく、働き方などを柔軟に対応してもらえる可能性があります。その他の細かいメリットは以下の通りです。

  • 大手チェーン薬局に比べて年収が高め
  • 地域医療への貢献意識が高い
  • 個人経営は経営が急激に悪化する場合もあるが、中規模であれば心配は少ない

このような理由からハイキャリアでの転職を狙っていないのならば、大手チェーン薬局は避けるといいです

 

転職後の生活のバランスを考える

40代になると既に結婚している場合が多いです。その時、転職をする上で考慮にいれなければいけないのは仕事とプライベートのバランスをどう取るのかということ。
独身の薬剤師であるなら仕事中心に生活をするというのも良いでしょう。しかし、結婚している場合にはプライベートや家庭のことも充分に考えて求人を探すようにするべきです。
残業を日常的に強いられるような職場では家族との関わりがなくなり、家庭不和を引き起こす可能性もあるでしょう。40代での転職にはある程度の年収を確保しつつもプライベートの時間がしっかり取れるような職場が理想的でしょう。

女性薬剤師であれば、正社員ではなくパートや派遣など更に柔軟に働き方を考えることが出来ます。「週に何日働きたいのか」「何時まで勤務が可能なのか」「残業は出来るのかといった働くときの条件を細かく洗い出しておく必要があります。

 

給料と仕事のバランス

独身であれば自分の好きな分野や未経験のジャンルへチャレンジする事も良いでしょう。しかし、家庭をもっている人の場合は自分のやりがいだけを考えるのは現実的ではありません。生活をするためには当然お金が必要です。子どもが居るとなれば尚のこと。転職をする際は充分に生活出来るくらいの給料が貰えるかどうかも考慮するようにしましょう。
では闇雲に給与の良い職場を選べば良いのかと言えばそんなこともありません。先に述べたようにプライベートの時間が確保出来るかどうかという事も考える必要があります。
どの程度仕事に打ち込むことができるかは人によって異なります。給与とプライベート時間のバランスが良い職場を探すようにしましょう。

 

転職先では謙虚な姿勢で

管理職での転職などハイキャリアの転職を実現する人も居ますが、多くの場合は薬局などで一般薬剤師としての勤務になります。そのため、40代の薬剤師が転職した時には多くの場合で年下の上司や同僚に囲まれることになります。そこで重要になるのは謙虚な心です。

ビジネスの場では年齢は関係ありません。それよりもどれだけ会社の利益に貢献したかで評価されます。転職による中途採用の身であるなら、これからどのように仕事をこなして会社へ貢献すればいいのかを学んでいく必要があります。

たとえ相手が年下だとしても謙虚な心で接し、仕事を教えてもらっているということを忘れてはいけません。歳を重ねていくと過去のキャリアが邪魔をして謙虚に振る舞えない人も少なくありません。こういった薬剤師は転職先にうまく溶け込むことが出来ず、また転職を繰り返すというパターンに陥ります。
自分は新人同然であるということを肝に命じて謙虚に振る舞いましょう。

 

転職での失敗を防ぐために行うべきこと

40代というのは簡単に転職を繰り返すことのできる年代ではありません。そのため、転職活動は慎重に行うべきです。転職に失敗しないために確認しておくべきことをまとめました。
 

年収だけを考えてはいけない

年齢が高くなると転職の際はできるだけ良い給料を提示してくれる求人に目が行きがちです。しかし給与だけで判断して転職先を決めてしまうのは転職で失敗してしまうケースの中でも多いものです。給料の額だけでなく勤務時間、有給休暇は取りやすいか、職場環境は悪くないかなど気にすべきポイントは他にも多くあります。様々な情報から総合的に判断しましょう。

年収に振り回されるのではなく、なぜ転職するのかという理由を明確にすることが大切です。

また、求人票の情報を鵜呑みにするのではなく実際に職場見学をすることも有効でしょう。現場で働く薬剤師の人にヒアリングするなどの調査で転職失敗の可能性は大幅に減ります。
転職エージェントの人に頼めば職場見学もさせてくれるはずですのでぜひ活用しましょう。
 

条件の優先順位を考える

これはどの年代にも言えることですが条件には優先順位をつけるようにしましょう。転職する上で譲れないものを3つ程度ピックアップするのです。あれも、これもと条件を追加していったのでは何が大事なのかが見えにくくなってしまいます。
何を優先するのかを明確にし、転職サイトのコンサルタントに伝えれば自分の要望にピッタリの求人を紹介してくれるようになります。また、その一方で妥協できる点も挙げておくと更に効率的な転職活動が進められるでしょう。

 

面接時はこんな点に注意

面接時にはもちろん志望動機を聞かれますし、退職理由についても答えなければいけません。薬剤師資格をもっているとはいえ40代という年齢は転職に不利であることには変わりありません。なので少しでも印象が良くなるように履歴書や面接での対策を行うことも重要になります。
今の職場を退職しようと思うのはなぜか、内定後はどのような活躍をしたいのかなどを述べるといいです。
どのような内容を話すかは人によって異なりますが自分の思っていることを正直に、かつ前向きに話すことが一番でしょう。希望の条件を正直に伝えることも大切ですし、前職の退職理由についても隠す必要はありません。大切なのはこれからどうしていきたいのかという点です。

40代だからといって引け目を感じることはありません。これまでの経験に自信を持って面接に望むようにしましょう。

 

-年代別転職情報

Copyright© 薬剤師転職の比較サイト「給与か休日か安定か。はい全部です!」 , 2019 All Rights Reserved.