年代別転職情報

新卒の薬剤師。一年目で転職するのは問題ない?

投稿日:

 

薬学部で勉強をしていた学生時代は薬剤師国家試験のため、毎日必死に勉強をしてきたことかと思います。しかし、一生懸命勉強を重ねて晴れて薬剤師となった時に「自分の就職先については深く考えていなかった」という人は結構多いのです。
とりあえずは目の前の国家試験に集中しなければと、そのことばかりを考えてしまい、気づいた時には将来のイメージが何も浮かんでいない。そんな状態で就職先を決めた場合、考えられるのは新卒1年目での早期退職です。
人間関係が悪かったり労働条件が良くなかったりという理由で早い場合だと3ヵ月や半年などで職場を辞めて転職する人が一定数居るのは事実です。

では、新卒一年目の薬剤師は実際にどのようにして転職活動を行っているのでしょうか。「就職したばかりでも転職は出来るの?」「悪い印象を与えてしまって転職に失敗してしまうのでは」と不安も生まれてくるかと思います。
そこで、このページでは新卒薬剤師がどのように転職活動を進めればいいのか、そして新卒ですぐに転職をしても大丈夫なのかについてを解説していきます。

 

薬剤師の平均勤続年数

元々、薬剤師は転職の多い職業とも言われています。これまでに転職をしたことのある薬剤師はなんと全体の70%。そのうち3回以上の転職を経験した人は30%以上と転職する人も、その回数も多いことが読み取れる結果が出ました。
転職のタイミングとして一番多いのは働き始めて3年目。他の職種と比較すると短めのスパンで転職をする人が多いです。
その大きな理由は薬剤師は資格業であるため、基本的な調剤技術を身に付けたらどこでも働けるようになるからと言えます。このことから転職が成功しやすいのも要因の1つです。               

 

新卒一年目で転職したいと考えてしまう理由は

そもそも、なぜ新卒薬剤師は1年も経過していない時点で転職を検討するようになるのでしょうか。人によって細かい理由は違えど、転職理由はいくつかのパターンに分けられます。自分と同じ悩みを持った人が実はたくさん居るのだということを理解しておくと少し気が楽になるかもしれません。

 

人間関係の悩み

薬剤師の職場、特に調剤薬局は閉鎖的な空間で少人数で勤務する場合が多いです。この時同僚や上司と仲良くすることができれば楽しく働くこともできますが、必ずしもそうとは限りません。
新卒薬剤師は年齢も若く、新人という一番下の立場からのスタートになります。
薬学部で勉強は充分にしてきたつもりであっても、調剤未経験の状態ではほぼ医薬品の知識はありません。知識やスキルがない最初の数ヵ月は仕事が出来ないのも仕方のないこと。
そうした1年目の新人薬剤師に対し、上司がどのように接してくれるのかは仕事を続ける上では非常に重要です。しかし、その時先輩薬剤師から「使えない」「邪魔」など暴言を吐かれたり、上司からいじめられたりすることも少なからずあるのです。

入社したばかりの職場には相談できる人もおらず、一人で抱え込むことが出来なくなってしまう事があります。
どれだけ忍耐強い人であっても、毎日のように理不尽に怒られるような人間関係の悪い職場環境では仕事を続けることが難しくなってきます。

 

年収以外の条件を理解していなかった

給料の額面だけで就職先を決めてしまった人も就職に失敗したと感じることが多いようです。職場を求人票に掲載されていた年収情報だけで決めてしまい、職場の場所や雰囲気をよく確認しないというケースです。
このようなことは給料が高めの調剤薬局やドラッグストアで起こりやすいです。

実際にあったのは通勤に2時間程をかけなければいけない田舎の調剤薬局へ就職したものの、数ヶ月後には通勤が嫌になり近所の調剤薬局へ転職したいと考えてしまう例。
薬剤師の年収は田舎にいくほど高くなるので、給与が良いなら多少遠くても・・と内容を良く見ずに就職してしまうと起こりやすい失敗です。
また年収の高い調剤薬局やドラッグストアへ就職しても思うようにいかず、病院薬剤師としてもっとスキルを磨きたい。と病院薬剤師への憧れが捨てきれない人も多いようです。優秀な薬剤師になるためには新卒の時に限らず、20代の若いうちに多くのことへチャレンジ・経験を積むことが必要があります。よって年収だけで職場を判断するよりも「未来に向けていま自分が本当に行いたいことは何か」を考えて就職先を決めるのがベターです。

 

給料が低すぎる

病院や調剤薬局勤務の人が悩むことの多い問題。初任給が安かったり、その後の昇給が難しいような職場がほとんど。お金が全てではないとは思っても、給与が低いとやりがいも感じられなくなってしまい辛いです。特に大学で学ぶためにを奨学金を借りていた人、国試浪人などで学費が多くかかってしまった人はいわば多額の借金を抱えている状態とも言えます。その返済を行わなければいけない新卒薬剤師も多く、給与の中から月々の支払いを行うと日々の生活が苦しくなってしまうことも。

給与が問題で転職相談をする薬剤師の多くが「悪くない職場だけれど、このままの給与で働き続けるのは正直つらい」と話しています。

 

スキルアップが見込めない

薬剤師として働き始めたら、様々な経験を積んでどんどんスキルアップしていくぞ!と新卒の薬剤師は意気込んでいる人も多いでしょう。しかし、実際に働き始めてみると毎日同じ作業の繰り返しで学べることが少ない。先輩方もなんだか日々の業務に満足してしまっているようだし・・。とやる気が無くなってしまうケースです。調剤薬局に勤務している薬剤師に多い傾向があります。
よく勘違いされるのは調剤薬局は学びが少なく、病院では多くのことを経験できるということ。必ずしもそういうわけではありません。
もちろん小さな調剤薬局であっても自分で積極的に学んでスキルを磨き、活躍している薬剤師はたくさんいます。

本人の心構え次第でいくらでもスキルアップは可能です。教えてもらえることが少ないと受け身で待っているのではなく、自分から動きましょう。
いずれにせよ、スキルアップが見込めないという理由でわずか数ヶ月で辞めてしまうのは気が早いです。

 

営業が辛い

ドラッグストアや製薬企業の営業職(MR)として働く場合、薬剤師であってもノルマが課せられることがあります。
MRは営業職なのでもちろん営業ノルマがあります。製薬会社の営業・広報担当として病院やクリニックへ出向き、自社の医薬品を取り扱ってもらえるようにしなければいけません。成績によってインセンティブがプラスされることもあるので、やりがいがあると言うと聞こえは良いです。しかし、営業が苦手、不得意である人にはノルマが重くのしかかってくることになるでしょう。

自分は営業が得意か不得意か。こればかりは実際に社会に出て営業をしてみないことには分かりません。コミュニケーション能力が元から高い人は得意であることも多いですが、友達を相手にするのとお客様を相手にするのでは訳が違います。
給与が良いからとMRとして働き始めたものの、就職してから自分には営業職が向いていなかったと理解する人が多いのも事実です。MRから薬局や病院で薬剤師としてやり直す人は結構多いです。もちろん、これは一年目の新卒薬剤師であっても同様です。

MRの仕事内容について、詳しく知りたい方は以下の記事をどうぞ。

薬剤師が年収1000万円を目指す!どんな働き方がベスト?

薬剤師として働くのであれば、やりがいのある仕事が出来て給料も高いというのが理想ですよね。これは薬剤師に限らずどの職業であっても共通する望み。 給料が良いと言える1つの基準として、「年収1000万円」の ...

次はドラッグストアでのノルマについて。ドラッグストアで働く薬剤師は薬だけでなく健康食品・サプリメント、化粧品やプライベートブランド商品まで幅広く取り扱うことになります。これらの商品を薬剤師としてお客様に売るようノルマが課せられることもあるのです。
ドラッグストアだから営業職のようなノルマは存在しない。と思って就職したのに実際はノルマがあったというミスマッチにより、新卒でも早々に辞めたいと感じる人も居ます。

 

労働条件が聞いていた内容と異なる

どんなに事前に詳しく調べていても、実際に現場で働き始めると働く前に聞いていた条件と違う点が多く判明することがあります。
ありがちなのは「昼休憩1時間」としていながら、実際は15分ほどで昼ご飯を食べてすぐに仕事戻らなければいけない。というようなケース。休憩時間があって無いようなものになってしまっているパターンは結構多いです。
他には、残業代が出ると言われていたにも関わらずサービス残業が常習化しているなどのケースです。
求人票には良さそうな労働条件が書かれていたとしても実際にはそうでないこと、暗黙のルールが存在している事がよくあるのです。現場の雰囲気や先輩・同僚薬剤師の考え方で勤務状況は大きく変わってきます。
研修があると聞いていたのに実際は研修や指導さえ全く無いということもあります。こうした時に新人薬剤師は不信感を覚え、早いうちに転職をしようと考えるようになります。
 

その判断に甘えはありませんか?

薬学生の時の第一の目標は国試に受かることです。そのため国試が終わった後の就職先のことまで本気で考えられている人はごくわずか。その結果、先に述べた例のように自分に合わない就職先を決めてしまうことが増えるのです。

しかし新卒薬剤師の中には甘えによって転職したいと考えているだけの人も一定数いることも事実です。恵まれている職場であるにも関わらず、自分のわがままで辞めたいというケースです。
甘えが出るのはどのような時か、具体的な例を見てみましょう。
 

単純作業ばかりで仕事にやりがいが無いと感じる

調剤薬局や調剤併設ドラッグストアで働いていると単純作業ばかりで仕事がつまらない。もっと頭を使うことがしたいと考える新卒薬剤師がいます。学生のときよりも頭を使う回数が減ったと感じてしまい、やりがいが無いと思ってしまう例です。

ただ、この考え方は薬剤師をいう職のことを本当の意味で理解していないと言えるでしょう。現場に立っていながら頭を使わない、目の前の作業しか目を向けないというのは薬剤師としてはまだまだ未熟な証。薬剤師の仕事は調剤して薬を渡し、台本通りの説明をすることだけではありません

例えば薬についての知識。薬剤師は患者さんだけでなく、医師や看護師からも薬のことについて聞かれます。粉砕可否は?一包化しても問題はない?どのような副作用が起こる可能性があるのか・・など、薬剤師が持っていなければいけない情報や知識は挙げればキリがありません。そのため常にネットや書籍から学んだり、場合によっては製薬企業に問い合わせたりする必要があります。
こうした事情により、多くの薬剤師は薬剤師会や製薬企業が開催する勉強会へ参加し知識を補います。

本来、新人薬剤師であるほどこうした勉強会へ出席して知識を増やし続ける貪欲さが必要です。新卒で薬剤師の業務経験が少ないとなれば尚更のこと。
勉強したことを現場で活かすことは出来ないか?と常に意識すれば、調剤薬局勤務であっても非常に頭を使うことになるはずです。もし、薬剤師として働いているにも関わらず学ぶ事が少ないと感じてしまっている場合、あなたの意識が低いとも言えます。
 


 

勤務先の会社や薬局が薬剤師会に所属していない。外部の勉強会にも出席させてもらえないなどという職場環境であれば、会社によって勉強する機会が潰されていることになります。
単なるピッキングマシーンとしての仕事しかさせてもらえない、勉強の機会が全く無いなどという場合は転職を検討しても良いでしょう。

 

こんな事も薬剤師の仕事

薬局へおじいちゃんが薬を貰いに来ました。最近の症状を聞いてみると口では「落ち着いている」とはいっても、実は薬が飲みにくくて飲んでいない。以前にもらった薬が家でたくさん余っているというケースはよくあります。薬を飲むのが嫌だから嘘を付いてしまっているのです。
薬剤師としてはこれは見逃してはいけません。薬をきちんと服用しているか飲みにくいなどの問題は抱えていないかといったことまで細やかに配慮するようにしましょう。

薬の飲み残しが無いかの確認は在宅医療に関わる薬剤師としての仕事に近い部分もありますが、そういった事にまで考えを巡らせることが出来る薬剤師は優秀であると言えます。
また、年齢の高い人に薬を投与する際には代謝機能が落ちていないか症状を聞いて観察・判断をしなければいけません。
もちろん、一朝一夕とはいきませんが自分のことについて正直に話してくれるような関係づくりも薬剤師の仕事の一部と言えますね。

 

恵まれている環境にも関わらず不平を漏らしている

自分の労働環境が本当に悪いのかについては周囲の職場と比較して冷静に判断しなければいけません。辛いと感じているような職場でも、自分の考え方が甘いだけのケースもあるからです。
例えば「休日が少ない」と不満を感じて転職をする場合、現状の休日日数を実際に聞いてみると既に平均以上の日数を取っている場合があるのです。この場合はたとえ求人を探したとしても今より良い職場を探すことは難しいと言えます。
新卒の薬剤師は周囲のことまで見るのは大変かもしれませんが、周囲の薬剤師と労働環境を比較してみることが大事です。他の薬剤師の労働条件を知ることで今の職場は環境が本当に悪いのかを冷静に見ることができます。このとき、比較するのは同じ地域で働く周辺の薬局や病院の薬剤師友達が良いでしょう。他の地域で働く学生時代の友人・知人と比べても無意味です。
薬剤師会などへ積極的に出席し、身近な薬剤師の友人・知人を作っておくこと実態を知るためには不可欠でしょう。

 

本当に職場環境が悪い場合は早めに見切りをつけるべき

一般的に、仕事で一人前になるには誰でも1万時間程度働く事が必要でだと言われています。1万時間働いた人は誰でもある程度仕事ができるようになるというこれは1万時間の法則とも呼ばれています。
このことから3年間は職場を変えずに頑張るべきだというのは様々なところで聞きますよね?これは薬剤師の場合も当てはまるのでしょうか。

まず、薬剤師の場合は一般職とは大きく立場が違います。一般職の人が転職を行うとき中途採用では基本的に即戦力を求められるため、スキルや知識がなければ転職は難しいです。
一方で薬剤師のの場合は即戦力というよりも、薬剤師免許をもっている人、薬剤師業務を行える人が求められます。調剤薬局・ドラッグストアや病院などと職場は違えども薬を調剤するというスキルはどこへ行っても役立つスキルです。
よって新卒一年目に3ヵ月や半年などの短期間で転職を考えても上手くいきやすいと言えます。
甘い考えで転職をしたいという場合は現在の職場で働き続ける方が良いかと思いますが、どうしても耐え難い理由がある場合は無理して3年間働こうとする必要はないのです。
一般職に就いた友人に「3年は頑張った方が良いよ」と助言されたとしても、薬剤師にはあまり当てはまらないこと。深く気にする必要は無いかもしれません。

 

新卒薬剤師が転職することに問題は無いのか?

無理に3年頑張る必要は無いとは言え、本当にすぐに転職しても大丈夫なのか?という不安は残りますよね。結論から言うと充分大丈夫だと言えます。その理由を1つ1つ確認していきましょう。

 

①薬剤師は慢性的に不足しているから

1つ目の理由は薬剤師は慢性的に不足しているという点です。ここ十数年で少子高齢化が進んでおり、高齢者が増えています。
高齢者が多いということは病院に行く人も増え、結果的に薬剤師の仕事も増えます
高齢者の人口はこれからも増えますので、薬剤師の需要もどんどん上がっていくということになります。
人手の足りていない調剤薬局などでは経験の浅い新卒薬剤師でも入ってほしいと考えているところも多いようです。

 

②履歴が増えるのは問題ではない?

正直なところ、面接官は履歴書よりも面接での受け答えや振る舞いの方を重視します。新卒で入った会社をすぐに辞めて転職活動をしているとしても、その理由をしっかり伝えることが出来れば問題にはなりません。例えば今の職場を辞めたい理由が「職場の先輩が何も指導をせず、ミスをすると笑われるのに耐えられない」ということであればそれを正直に伝えましょう。明らかに今の労働環境が悪いのであればそれを隠す必要はありません。
本来、職場環境が悪いなどネガティブな理由を履歴書や面接で述べるのはタブーですが、それを踏まえて次はどう働きたいのか、次の会社で働くことで何を実現したいのかをしっかり述べることが出来れば問題ありません。

今度は長く勤められるというアピール

新卒の薬剤師は3ヵ月や半年など少ない期間で転職することになるため、面接官が疑問に思うのは「採用してもまたすぐに辞めてしまうのではないか」ということです。
この場合は「就職先ではなぜ失敗してしまったのか」を伝え、反省しているという意思伝えることが大事です。
それを踏まえて求人先の企業に対し「新卒のときは安易に就職先を決めて失敗したため、今度は成長に繋がるスキルアップを実現できる御社で長く働きたいと考えている」ということを伝えましょう。
要は、今度こそは長く勤められるということを求人先の企業にアピールするのです。
 

 

最初の就職では何が失敗だったのかは深く考えましょう

薬剤師の資格を持っていれば転職は上手くいきやすいとは言え、新卒薬剤師のときに転職を繰り返すのは印象が悪いです。そこで「最初の就職先は何故失敗してしまったのか」ということは深く考えておく必要があります。でなければまた同じ失敗を繰り返してしまうことでしょう。

多くの薬学生場合、薬剤師国家試験に合格することが最重要項目となり、就職先を適当に決めてしまう人がたくさんいます。「年収が良い」という理由や「家の近くにあるから」という理由だけで就職先を決めると失敗が起こりやすいというのは先に述べた通りです。
また、大学の教授から就職先を紹介してもらったというケースも就職の失敗として多いです。確かに大学の教授は信頼できるものの、就職先を選ぶことに関しては素人です。本当にいい職場なのかという判断をするのは難しいというのが失敗を起こす要因になります。

これらを踏まえたうえで、次の転職に当たって絶対に譲れない条件を全て書き出すようにしましょう。同時に妥協できる条件もまとめてみましょう。年収を上げたい、残業ゼロの職場が良い、スキルアップに繋がる仕事がしたいなど、何でも良いです。
優先すべきものや妥協してもいいものを明らかにしておけば、次は職場へ転職すればいいのか明確になります。転職活動もスムーズに進められるでしょう。

 

転職活動は仕事を続けながらするのがおすすめ

転職をしたいとは思っていても、せっかく入社した会社を辞めてしまうのは抵抗がある人も多いはず。そんな人は今の仕事を続けながら転職活動を行うのがオススメです。
実際に転職活動を始めると多くの職場を見学することになります。いくつか職場を見ていると、それぞれの長所や短所が見えてくるようになるもの。すると今の職場も悪くないのかもしれないと思い始めることがあります。
転職活動をした上でやっぱり今の職場で頑張ろうと思えたのであれば転職活動を止めれば良いだけのこと。退路は残しておくことも重要なのです。

もし先に職場を辞めてしまった場合、収入が途絶えてしまう不安感から焦って転職活動をしてしまいがち。転職活動に焦るということは薬学生時代の二の舞を演じることにもなりかねません。同じ過ちを繰り返さないためにも転職活動は落ち着いてすることが重要です。
転職サイトを利用すれば仕事を続けているという点も考慮して面接日時などをセッティングしてくれます。働きながらの転職活動もしやすくなりますのでぜひ利用しましょう。

 

-年代別転職情報

Copyright© 薬剤師転職の比較サイト「給与か休日か安定か。はい全部です!」 , 2019 All Rights Reserved.