気になる情報 転職の前に

奨学金の返済サポートとは?薬学生時代の学費に苦しまされ続けないために

投稿日:

奨学金の返済サポートとは?薬学生時代の学費に苦しまされ続けないために

薬剤師とは国家資格を取得している人だけがなれます。この国家資格を取得するためには薬学系の学科がある大学を卒業することが必須条件。そこで6年間の薬剤師養成課程を修了することで初めて試験を受ける資格を得ることが出来るのです。

薬学系の学科を設置している大学は国立・公立・私立とありますが、それぞれ学費は大きく異なります。特に私立の場合は6年間で1000万円以上の学費がかかるということを知っておきましょう。

 

薬学部の学費について

国立に比べて私立の薬学部の場合、6年間でかかる学費は約3倍と言われています。もちろん大学によって授業料は異なりますが、以下の表を参考までに御覧ください。

入学金 年間授業料
その他費用
6年間合計
国立大学 約30万円 約60万円 約360万円
私立大学 約40万円 約180万円 約1080万円

表を見ると分かるように。6年間でかかる学費に大きく差があります。しかもここに出ているのはあくまで学費のみ。学生時代に一人暮らしをするのであれば家賃などの費用もかかりますし、もし1回で試験に合格できず浪人した場合には予備校に通うことも考えなければいけません。

私立大学に通った上に浪人などどいうケースですと2000万円近くかかってしまうこともあるのです。

 

約半数が奨学金を借りている

数千万円もかかる学費を一度に支払うのは大変なことです。そんな時に頼りになるのが奨学金の存在。なんと学生の2人に1人が奨学金を借りているという調査結果が出ています。

薬剤師は給与が良いから就職したらいい暮らしが出来るんでしょう?と勘違いされることも多いですが、奨学金の返済に追われて生活が苦しいという人が居るのも現実なのです。
 

奨学金の平均貸与額

貸与してもらった奨学金の一般的な平均額は約320万円と言われています。それに対して薬剤師が借りている奨学金の平均は約440万円と100万円以上の差があります。一般的な4年制の大学よりも当然学費が高くなるので借りなければいけない奨学金の額も高額になりやすいということです。

奨学金により進学が出来るのはありがたいけれど、時間をかけて返済していかなければいけないというプレッシャーを重たく感じてしまう人も多いです。奨学金に対する意見をいくつか挙げてみましょう。

せっかく就職できたと思っても、社会人になった時にすでに数百万円の借金を背負っていると思うと気分が重い。この先ずっと仕事を続けられる保証は無いのに、毎月返済しなければいけないのは不安だ
返済期間が長いので、家庭の事情などでもし働けなくなってしまったらどうしようかと思う。10年先にどうなっているかなんて正直分からないし怖い。
奨学金がなければ薬学部への進学なんて到底無理だったのでありがたい。しかし、給与の低い新卒時代にも返済しなればならないのは負担に感じる

奨学金はありがたいという意見も多くありますが、やはり目立つのは返済が不安だという声です。
無事に薬剤師として就職し、一生懸命働いたとしても奨学金の返済が苦しくて毎月の生活が厳しくなることを不安視しているのでしょう。贅沢をしているわけでは無いのになぜかお金がない。そんな状況を避けるためには奨学金の返済が無理なくできるのかシミュレーションを行うことが大切なのです。

 

奨学金の種類

奨学金には2つの種類があります。返済義務の無い給付奨学金と返済する必要のある貸与奨学金です。それぞれの奨学金の特徴について確認しましょう。

 

給付奨学金

給付奨学金には返済の必要がありません。つまり、公共機関から学費を貰うことができる(給付してもらえる)制度です。奨学金というとローンのようなものでしょ?と考える人も多く居るかと思いますが、給付型は返済義務が無いので安心して利用することが出来ます

後に記載する貸与型奨学金に比べて給付される額は少なく、学費を全額負担してもらえるわけではありません。しかし「経済的な負担が少しでも軽くしたい」と考えている人には充分利用する価値のある奨学金です。
しかし、給付奨学金を受けるには条件をクリアする必要があります。

家計の基準としては家計支持者が住民税非課税である。または生活保護を受けているか。
そして勉学や部活動などで優秀な成績を残しているかどうかという点。これには明確な基準はありませんが、普段の学校生活が評価されるのでこれまでの頑張りが足りないという人には難しいでしょう。

家計、学力などで厳しい審査があるので大半の人は次に挙げる貸与奨学金を利用します。

 

貸与奨学金

貸与(たいよ)奨学金には返済の義務があります。学校卒業後から返済が始まり、数年に渡って毎月決まった学を返済し続けることになります。利子がかかるものとかからないものがあり、奨学金を利用している人の多くはこの貸与奨学金です。
 

奨学金の返済シミュレーションを行いましょう

返済が出来るか不安なので奨学金は利用したくないという方も中には居るかもしれません。そんな人はぜひ返済シミュレーションを行ってみましょう。具体的な返済プランが分かると不安も和らぐはずです。

1000万円の奨学金を返済する

まず、返済すべき奨学金が1000万円残っていると仮定します。それを毎月5万円ずつ返していくと1年間で返済できるのは60万円。そのペースで1000万円を返すには16年7ヵ月ほどかかります。
薬剤師が社会に出るのはは最短でも24歳です。24歳から奨学金1000万円を16年かけて返済するとなると年齢的には40歳になってしまいます。

40歳になるまでには結婚をして家庭をもったり、旅行へ行ったりとお金が必要な場面も数多く出てきます。では薬剤師が働きながら奨学金を返済するとなると、実際のところどのような生活になるのか考えていきましょう。

 

初任給の高いドラッグストアでの例

まず、調剤薬局やドラッグストアなどの初任給が月30万円と高めに見積もってシミュレーションをしてみましょう。
月給が30万円である場合の手取り額は月25万円ほど。奨学金の返済額を月5万円とすると手元に残るのは20万になります。

そこから、毎月の家賃や食費、交際費、交通費などを捻出しなければいけません。一人暮らしの場合に最低必要な額の平均は月15万円と言われています。ここに加えて冠婚葬祭などの予想外の出費や少しの贅沢ですぐに支出が増えてしまうので、お金が貯まる仕組みを作るのは大変難しいと言えるでしょう。

そして忘れていけないのはこれは初任給の高い場合での話であるということ。ドラッグストア以外で働く一般的な薬剤師の初任給は以下のようになっています。

・調剤薬局→24~30万円
・病院→20~24万円
・一般企業(製薬会社など)→22~26万円

病院など給与が低い職場の場合は20万円前半になってしまうことが分かりますね。すると手取りが20万円に届かないということも。
そこから毎月5万円を奨学金の返済に充てるとすると・・。生活が苦しくなってしまうのは目に見えていますね。

では、薬剤師が奨学金を支払いながら働くのは無理なことなのでしょうか?実はそんなことはありません。
薬局や病院の中には奨学金の返済を補助してくれるところもあるのです。そういった制度を上手く利用することで病院などに勤務しながら奨学金の返済が無理なく行えるようになります。
 

奨学金の返済を支援してくれる職場を探す

先程述べた通り、薬局や病院によっては奨学金返済のサポートを行っていることがあります。どこまで支援してくれるかは会社ごとに異なりますが、一般的に300~600万円を上限にサポートをしてくれる場合が多いです。

現在の職場で働く上で奨学金返済の不安を感じる場合、奨学金の返済を支援してくれる薬局や病院を探してみるのも1つの方法でしょう。
もちろん、奨学金返済の支援が無い職場でも十分な給与が貰えるのであれば問題はありません。自分の生活に必要なお金はどれくらいかをしっかりと見極めて仕事探しをすると後々楽になるでしょう。

 

奨学金サポートについて

奨学金返済の支援を受けるには条件が設定されていることがほとんどです。「働く年数が長いほど支援額が多くなる」というケースが多いですが、これは会社によって異なります。入社前にしっかり確認しておきましょう。

 

また、これらの奨学金支援制度は「薬学生のときから奨学金のサポートをしてもらう」ことが一般的です。薬剤師国家試験にはまだ合格していないものの、将来は薬剤師として活躍する意欲がある。しかし将来の奨学金返済に悩んでいるという時、返済の支援をしてくれる職場を探すのが良いです。
そうすれば、就職先が既に決まることになるので国試の勉強に専念することができます。また、奨学金返済の心配も減るので精神的にも楽になります。

しかし企業側にとって国家試験に合格する前の学生を支援するのにはリスクが避けられません。国家試験に合格出来ずに入社が取り消し、または伸びる可能性があるためです。

 

転職の場合でも支援は受けられる?

奨学金支援制度は薬学生の時からサポートしてもらうのが一般的と述べました。しかし「薬学生や新卒薬剤師を対象にした制度」というわけではありません。
国家試験に合格して既に薬剤師として働き初めている人ももちろん対象になります。まだ試験を受けていない薬学生と違い、確実に薬剤師として働いてくれることが分かっている薬剤師の存在というのは企業にとってはありがたいもの。

ちなみに、奨学金サポート制度は給料とは別なので安心して問題ありません。奨学金の返済で生活が圧迫されているというのであればこうした奨学金支援制度を設けている薬局や病院へアプローチするといいでしょう。

 

奨学金支援制度がおすすめなのはこんな人

奨学金を借りている人であればぜひ利用しておきたい支援制度ですが、特におすすめしたいのは以下のように考えている人です。

  • 奨学金の返済期間を少しでも短くしたい
  • 奨学金の金利を少しでも減らしたい
  • まとめて奨学金を返済したい

逆に、支援が無くても給与がどんどん上がるのであればそちらに望みを託したいという方は給与の高い職種を選んだほうが仕事のやり甲斐が生まれるでしょう。

年収の高い職種について知りたい方はこちら!

薬剤師が年収1000万円を目指す!どんな働き方がベスト?

薬剤師として働くのであれば、やりがいのある仕事が出来て給料も高いというのが理想ですよね。これは薬剤師に限らずどの職業であっても共通する望み。 給料が良いと言える1つの基準として、「年収1000万円」の ...

 

返済サポートが整っている職場

薬局では奨学金の返済支援を受けられるケースは多いです。しかし病院であっても返済支援の制度を整えていることがあります。これは大病院に限らず中規模病院であっても同様。
病院の給与は高くないので、支援制度があるのはとても助かりますね。「病院で働いてみたいけれど給与が低いので奨学金を返しながら生活できるか不安」という人は、支援制度のある病院を積極的に探しましょう。
 

奨学金返済が不安な薬剤師の転職のコツ

一般薬剤師でも高年収を約束してくれる薬局を選ぶ
奨学金の返済をスムーズにするために。最初から高年収を提示してくれるドラッグストアや調剤薬局の求人を選ぶという方法もあります。この時狙い目なのは田舎僻地の薬局です。
僻地になるほど薬剤師の人材が足りておらず、高給与を出してでも働いてほしいというケースがとても多いためです。僻地での生活に不安を感じることもあるかもしれませんが、田舎は人が温かかったり自然が多かったりとゆったりとした暮らしをしたい人にはぴったりです。
 

わがままにならない
奨学金支援があって高収入。かつ街中でしか働きたくないなど自分勝手な条件をいくつも提案する人がいます。
奨学金支援制度があるだけでも求人としてはいい条件であると言えるでしょう。そこにいくつも条件を追加していたのではいつまで経っても転職先は見つかりません。絶対に譲れない条件は何なのかを改めて見直した上で、常識的に考えてみましょう。
 

必ず転職サイトを利用する

奨学金返済補助がある、または新卒の段階から高年収が可能な薬局や病院を自分で探すのはほぼ不可能です。
そこで薬剤師が上手に活用しているのが転職サイトです。転職サイトにはあらゆる薬局や病院の情報が入ってくるため、奨学金支援制度があるという条件下でも複数の企業から選ぶことができます。また、転職サイトによって保有している求人情報は異なるので複数の転職サイトを利用することも大切。奨学金支援制度が優れているのはどの職場か、転職エージェントに詳しく聞いてみましょう。

奨学金の問題はお金が絡むため、自分だけで解決しようとすると高確率で失敗します。必ず転職サイトを活用するようにしてください。

 

薬剤師だからこそ、お金と真剣に向き合うべき

薬剤師などの医療関係者は特にですが、日本人は金銭的な話を積極的にしません。「奨学金の返済を周りの人はどうしているのだろう・・」と悩みながらも、見てみぬふりをしている方は多いのでは無いでしょうか?
しかし、早い段階で自分の将来を見つめなおさなければ奨学金返済に追われる人生になってしまうのは明らか。ですので奨学金の返済計画は具体的に立てるようにしましょう。
このときは奨学金のサポートをしてくれる薬局や病院へ就職するのか、高年収を提示してくれる田舎の求人へ応募するのか。何歳までに完済出来る予定なのかなど。
早く完済ですことができれば生活はもちろん、気持ちにも余裕が出来ます。また結婚を含め将来プランが立てやすくなります
転職先を決める上でも奨学金返済の義務があるか無いかは大きく影響してくるのです。
 

実際に補助を利用した人の声

金銭面の負担が減ることで学生時代はもちろん、就職後の忙しい時でも安心して勉強に集中することができました。私が薬剤師になれたのは奨学金補助を受けることができたおかげと言っても良いかもしれません。
今はまだ新人ですが薬剤師として会社へ貢献し、少しでも恩返しが出来るようにこれからも頑張りたいと思います。

 

これまで働いてきた病院の給与では奨学金を返しながら生活費を確保するのにとても苦労していました。子どもの教育費などのことも考えるとこのままではいけないと思い、転職エージェントの方に相談してみました。
そして紹介してもらったのが奨学金補助制度のある薬局でした。今ではお金の負担も減り、夜勤も無くなったことで子どもとの時間が確保できるようになりました。
勇気を出して相談して本当に良かったと思います。これから転職を考えるのであれば奨学金のこともしっかり考えること!それが転職成功への第一歩だと思います。

 

-気になる情報, 転職の前に

Copyright© 薬剤師転職の比較サイト「給与か休日か安定か。はい全部です!」 , 2019 All Rights Reserved.