気になる情報

新しい土地で薬剤師として転職を成功させるには?

投稿日:

初めての土地で転職を成功させるには

家の事情などで引っ越しを余儀なくされることがあるかもしれません。今まで住んでいた場所の近くであったり、薬局などにツテがあるという土地であれば問題ありませんが大抵の場合は見知らぬ土地への引っ越し。
知らない土地で働くということは求人募集をゼロから探さなければいけないということです。知っている土地であれば薬剤師の人脈からいい職場を紹介してもらえる可能性もありますが、新しい土地の場合はそうもいきません。
良い求人がどこにあるのか、田舎へ引っ越しになった場合でも上手くやっていくコツとは?薬剤師が新天地で転職する際に役立つ情報をご紹介します。

知らない土地で薬剤師が転職を成功させるには

薬剤師の知り合いがいない土地へ引っ越さなければならないという例は意外と多いです。結婚している女性が旦那さんの転勤の都合で他の県へ移動する、親の介護などの事情で地元へ戻るなど・・。ライフステージによって住む場所は変わっていくものです。
このときに自分で頑張って求人を見つけるぞ!と間違った努力をしてしまうと転職に失敗する可能性が高くなります。
ハローワークや既存の人脈から求人を探そうとすると知ることの出来る求人の数が限られてしまうだけでなく、勤務先と勤務条件や給与についても自分で交渉する必要が出てきます。引っ越しでばたばたしている時にそんな余裕はとてもありませんよね。
そんな時に多く利用されているのは薬剤師専門の転職サイトです。

 

転職サイトが優れている理由

なぜ転職サイトを利用する人が多いのか。その大きなメリットは自分の望む条件をヒアリングしてもらった上で適切な求人を紹介してもらうのです。
転職サイトであれば自分で探すのとは比べ物にならないくらい多くの求人が蓄積されています。ですので知り合いがほとんどいないような見知らぬ土地であったとしても、希望に沿った求人を問題なく紹介してもらうことが可能なのです。

また、転職サイトのサービスは全て無料で利用することができます。金銭的な負担なく豊富な求人の中から選んだ案件を提示してくれる。しかも薬剤師の転職に特化したプロのエージェントが付いてくれるとなれば利用しない手はありません。

 

転職サイトの活用方法

それではどのように転職サイトを活用すればいいのでしょうか。転職サイトを賢く利用するための手順をご紹介します。

 

1,薬剤師専門の転職サイトへ登録する

まず大前提として薬剤師専門の転職サイトにいくつか登録してみることが大事です。他の業種も掲載されているような通常の転職サイトですと薬剤師関連の求人が無かったり、ごく少数しか掲載されていないことがほとんどです。必ず薬剤師専門の転職サイトに登録するようにしましょう。

また、この時登録するサイトは1つだけにせず3つ程度にすることが大切です。転職サイトによって得意な分野エージェントの質が異なります。転職サイト選びを誤ってしまうと、希望の条件と紹介される求人にミスマッチが起こってしまう可能性があります。
いくつか登録しておくことでその危険を回避できるということです。

 

2,自分の希望条件をしっかり固める

自分の希望条件を全て満たすような求人を見つけるのは転職エージェントであっても難しいことです。多少の妥協は必要なもの。そこで、条件に優先順位を付けることが重要になります。
転職するにあたって絶対に外せない!という条件を明確にすることでミスマッチが起こってしまう可能性があります。
いくつか登録しておくことでその危険を回避できるということです。転職の失敗はグンと減るはずです。転職の際の条件として以下のようなものが多いでしょうか。参考にしてみてください。

  • 現在より年収を上げたい
    (現在よりも50万円以上上げたいなど具体的な数字を決めましょう)
  • 完全土日休みの職場であること
  • 残業が無い
  • 小規模な薬局が良い
  • 子持ちでも働きやすい環境の整っている職場であること
  • 家から遠すぎる場所は避けたい

条件は上記例のように出来るだけ具体的に決めると良いでしょう。もちろん全てを満たすのは難しいですが、優先度を決めておけばエージェントの人も理想の求人を探しやすくなるでしょう。また、これだけは絶対に避けたい!という条件もあれば遠慮なく伝えるようにしてください。

 

3,希望条件だけでなく職場の雰囲気まで考慮する

転職するとき、求人票の条件だけで就職先を決めるのは不安がないでしょうか?実際の職場の雰囲気はどうなのだろう、どんな人達が働いているのだろう。などの不確定要素があるのは少し怖いですよね。それが新しい土地であればなおさらのこと。
そんな時には職場を見学してみてはいかがでしょうか。実際に現場で働く人を見たり、これから一緒に働くことになる薬剤師と話をすることで転職の不安はかなり和らぐはずです。
もちろん、数十分の見学でその職場のことを完璧に知ることは不可能です。しかし「こんな雰囲気の中で働くことはできない」「勤務している人達に馴染める気がしない」と感じた場合はその場で辞退することも出来るのです。
見学を行わない限り職場の雰囲気を把握することは出来ません。出来るだけ見学をするのが良いでしょう。

その場合は転職サイトのコンサルタントに「実際に働く職場を見学してみたい」と伝えればOKです。大抵の場合、職場見学を拒否されることはありません。その辺りの調整もコンサルタントの方は慣れているので遠慮なくお願いしてみましょう。

 

地方・田舎へ引っ越すことになった場合

場合によっては地方の田舎に転職しなければいけなくなることがあります。田舎に薬剤師の求人なんてあるのだろうか・・と不安でしょうか?実は地方になるほど薬剤師が不足する傾向にあります。

そのため田舎の調剤薬局や病院、ドラッグストアの中には高収入の求人を出すことで人手不足を解消しようという試みを行っている所もあり、地方の薬剤師は年収が高くなりやすいです。
ただ地方の調剤薬局で有利なのは収入面だけではありません。地方薬局の現状についても見ていきましょう。
 

人気が高まる地方の薬剤師求人

そもそも、薬剤師の皆さんはなぜ転職をしようと考えるのでしょうか?転職を考える要因で多いのは「より高収入を得たい」「家から通いやすいなどの利便性を上げたい」「もっとやりがいのある仕事がしたい」などです。都会で働く多くの薬剤師は不満を抱えながら仕事をしている人も多いということですね。では田舎の薬剤師求人はどうなのでしょうか。

 

地方の僻地であるほど給与が高い

都心部は大手チェーンの調剤薬局やドラッグストアなどの店舗が非常に多いです。しかし都心部にいる薬剤師の数も非常に多く、都市部であるほど薬剤師が余ってしまうのが現状です。
需要に対して供給が多すぎることから賃金も低くなりがち。そして年収は必然的に低くなってしまいます。
一方で深刻な人手不足に陥っている地方薬局では、高収入を提示しなければ薬剤師が集まりません。これは正社員に限ったことでは無くパートや派遣であっても同様です。都心に比べて時給高いパートやアルバイトの求人が地方には多くあります。
他の職種や一般企業の場合は都市部で働く方が給料は高くなりやすいです。しかし薬剤師であれば逆の現象が起こり、極端に言えば都市部にいくほど給料が低くなります。
都合で田舎に引っ越さなければいけなくなってしまった。という場合でもチャンスなのです。都会の喧騒から離れて田舎暮らしをしたい、しかし収入は安定して欲しいという人にとって地方の薬剤師の求人はとても魅力的な条件であると言えます。

 

田舎の薬剤師は忙しい?

年収が高いということはそれだけ忙しいの?と言うと必ずしもそうではありません。もちろん田舎であっても忙しい薬局は存在するものの、業務内容や量は都心の調剤薬局などと同じ程度です。

高い給料を提示する求人は極度に忙しいなど訳ありのケースが多いです。しかし僻地の求人は「地方の求人」ということ自体が高い給与の理由であるため、特段忙しいだとかきつい仕事をさせられるという心配はありません。

 

大手チェーンの地方店舗は?

前述の通り、地方の僻地で働けば同じ仕事内容でも自動的に年収が上がる場合が多いです。これは新人薬剤師であっても同様で、全国の薬剤師の平均年収より大幅にプラスした状態からスタートすることも可能です。都市部で必死に管理薬剤師として活躍している人よりも、田舎で働く新人薬剤師の方が給料は高いといった現象さえ起こっているのです。

しかしこれにも例外があります。それは全国に店舗があるような大手チェーンの調剤薬局ドラッグストアで働く場合。また、全国規模の大病院へ就職するケースです。
このような場合はたとえ会社の命令によって地方で働くことになったとしても、都心で働くのと変わらない給与体系となってしまいます。僻地で働いたとしても年収が上がらないということです。

高い給料を目的に田舎で働くというのであれば、全国チェーンのような大きな薬局などでなく地元の調剤薬局などを探してみると良いでしょう。

 

将来の経営者候補として働く

地方の調剤薬局を個人で経営している方の中には後継者不足に悩まされている人が多く居ます。親族に薬剤師がいなかったり後継者に値するような優秀な人材を見つけにくいことが原因になります。
このような場合は「個人として独立開業したい薬剤師へ事業継承」することでお店を継続させようとする場合もあります。これは働く側としても、ゼロから薬局をスタートさせるより資金やシステムの面で楽に独立をすることが出来るのでメリットが大きいと言えます。

 

田舎で働くということ

地方の人の温かさを感じながら働く事が出来るというのも田舎で働くメリットになります。実際、都会で働いているときよりもやりがいを感じるようになったという人も多いです。
しかし町に若い人が居ない、遊ぶ所が無いといったデメリットがあるのでその辺りは覚悟して行きましょう。
 

転職サイトは地方での転職にも役立つ

地方の薬剤師求人を探す場合、「周囲が自然なので娯楽施設が少ない」「お年寄りが多く来る店舗である」など実際に職場を見学してみると分かる情報はたくさんあります。
この時、大いに力になってくれるのは転職サイトのエージェントです。職場見学の交渉をしてくれるのはもちろん、都心の求人以上に探しにくい田舎の薬剤師求人情報も多く持っています。
急に田舎へ引っ越すことが決まってしまった。という場合でも焦らずに転職サイトへ登録するところからスタートしましょう。

薬剤師はどこへ行っても働くことが出来る強みのある職種です。転職サイトの上手く情報を集めて活用することが出来れば初めての土地での転職もきっと上手くいくはずですよ。

 

 

-気になる情報

Copyright© 薬剤師転職の比較サイト「給与か休日か安定か。はい全部です!」 , 2019 All Rights Reserved.