年代別転職情報

【20代】第二新卒薬剤師が転職を成功させるためには

投稿日:

【20代】第二新卒薬剤師が転職を成功させるためには
 

薬剤師として働き始めたばかりの時には分からないことばかりで悩むことも多いでしょう。どの業種であろうと、最初の1年くらいは仕事に慣れるので精一杯です。
しかし2年目あたりからは仕事も慣れ始め、3年目になるとほとんどの業務がこなせるようになるのが一般的です。この仕事に慣れてきたタイミングで転職をする人は多いです。この場所で学ぶことは一通り終わったということでスキルアップを目指すというのが主な転職理由。
第二新卒と呼ばれることが多いこの世代の転職は上手くいくのでしょうか?第二新卒をはじめ、20代の薬剤師が上手く転職するためのポイントなどをまとめました!

 

「第二新卒」とは?

一般的に新卒で入社した会社を数年のうちに辞め、転職する20代の人のことを第二新卒と呼びます。
新卒で入社して3年未満の求職者」を指すことも多いようですが、その解釈は人や企業によって異なります。
実は、第二新卒という言葉にはハッキリとした定義はないのです。

4年制大学を卒業してから3年程度。通常は25~26歳くらいまでをイメージするかと思いますが、薬剤師の場合は薬剤師免許を取得するために最低6年間が必要になります。そのため、社会に出るのはどれだけ早くても24歳から
。ここに国試浪人や留年もよくある話なので、さらに年齢が上がってから社会に出る人も居ます。

これを踏まえて20代のうちに薬剤師として転職しようとする人のほとんどが第二新卒に当てはまると考えれば良いでしょう。一般的な第二新卒は20代中盤までを指しますが、薬剤師の場合は20代後半までが第二新卒になります。
しかし、第二新卒の定義は企業によって異なるので募集内容の確認は抜かり無いようにしましょう。

 

第二新卒はどんな立ち位置?

第二新卒は新卒に近い存在でありながら社会人経験はあるという特徴があります。社会人経験が無い新卒に対して第二新卒は短期間でも社会に出た経験がある人。若いながらも前職の経験が活かせる点が転職する上での強みです。


 

採用されやすい第二新卒

多くの企業は20代の第二新卒を採用することに積極的です。これは薬剤師に限らず、一般的な企業にも言えること。その理由は第二新卒が新卒と社会人の中間的存在であることに大きな魅力を感じているからだと言えます。
具体的には「新卒時に基本的なビジネスマナーは身に付けているので、新卒よりも育成の手間が少ない」「社会経験年数が少ない分、柔軟で新しい仕事への適応力が高い」「新しい社風になじみやすい」といったメリットがあると考えられています。

何年も経験を積んだ薬剤師と比較すると「ある程度のスキルや知識はあるものの、若いので安く雇用できる」ことも第二新卒を積極的に採用する理由の1つです。
極端に言ってしまえば、薬剤師の業務というのは年齢が高くなったとしても行うことはあまり変わりません。
しかし、年齢が高いとそれだけで高年収を要求されたり、頭が硬くて扱いづらかったりします。 それよりは積極性のある若い人を採用したいと考えるのはある意味当然とも言えますね。

 

社会人1年未満での転職は?

新卒採用から1年未満での転職。つまり社会人経験が1年未満での転職は第二新卒とは区別されます。この場合は短期離職と呼ばれ、新卒とほぼ同じ状態で転職する必要があります。スキルや知識が身についていない状態であるためです。
第二新卒は2年目や3年目など1年以上の社会人経験のある薬剤師が対象になります。

 

ミドル転職と第二新卒の転職の違いは?

ミドル転職と呼ばれる30代の転職と20代の第二新卒の転職では、薬局や病院などの求人する側が期待していることは大きく異なります
ミドル転職で着目されるポイントは新人の教育をしたり、部下をもったりとマネジメント経験があるかどうか。また特定の仕事でどれだけ活躍したかなど即戦力としてのスキルがあるかどうかです。20代の薬剤師でも戦力的には期待されるものの、その職場の主戦力としてすぐに働けるかという期待値は低いのです。

第二新卒では社会人経験はあるとはいえ、2年や3年などの数年しか働いていません。そのため面接でも前職の仕事についてはそこまで詳しく聞かれません。 一方で30代の転職は経歴が重視されるので、前職で何をしてきたかなどということまで詳しく聞かれます。

第二新卒は20代とまだ若いので「成長段階の若者」としてこれから成長していく期待を込めて採用するということです。


 

20代での転職

20代で転職するメリット

入社2年目や3年目の第二新卒を含め、20代のうちに転職するメリットはどのようなものがあるのでしょうか?
まず、転職市場では年齢が若いほど価値あるとされます。先にも述べましたが、若いほど新しいことにも柔軟に対応できて社風にもなじみやすいからです。20代となればまだまだ新しいことにチャレンジ出来るチャンスはいくらでもあります。
これは未経験の業種であっても挑戦しやすいということにも繋がります。
繰り返し述べているように、第二新卒では経験はそこまで重視されません。大切なのは社会人としてのマナーや基本的な事が出来ているかどうか。
若いうちであれば調剤薬局から急性期病院などの異業種へ転職することも可能なのです。

一般的に大きな病院であると求人に「40歳まで」というように年齢制限を設けていることも多いです。年齢が高くなると採用されないどころか応募さえ出来なくなってしまうのです。
これは、たとえ年齢が高くなっても病院薬剤師として行う業務はほぼ同じであること、そして年齢が高いほど夜勤などのハードな仕事が頼みにくいなど扱いにくくなるためです。

「いつかは病院薬剤師として働いてみたい」という憧れがあるのであれば、受け入れてもらいやすい20代のうちに転職を考えるのが良いでしょう。

薬剤師は転職のしやすい職種ですが、年を重ねるにつれて年齢制限などで難しくなることもあります。将来のことをしっかり考え、早い段階から行動に移すということも大切です。
まだ結婚をしていないので自由に動ける、体力があるなど、若いからこそ出来ることはたくさんあります。

 

20代で転職するデメリット

20代での転職は未経験の職種でも転職が成功しやすいおことがメリットです。その一方でまだ数年しか勤めていない会社を転職することになるので「この人は仕事が続かないのでは」と転職先の企業に思われてしまうのがデメリットです。

20代のうちに転職するとなると比較的早めの転職になります。これは2年目や3年目の薬剤師に限ったことではありません。少なくとも10年以上一つの会社で勤め上げた実績があるわけでは無いです。
そのため、入社してもまた数年のうちに他の会社へ転職してしまうのではと思われやすいです。
求会社にとって、新しい薬剤師を採用するには非常に多くのお金がかかります。いくら基本的な知識があるとは言え、職場によって仕事のやり方やルールは微妙に異なります。その教育も一から行わないといけないため、人件費などが余分にかかってしまうというわけです。そのため、すぐに辞めてしまう薬剤師よりも長く勤めてくれる人の方が当然価値は大きいです。

転職を成功させるためには次の転職先では長く勤める意思がある、自分には継続する力があるということを十分にアピールする必要があります。これにより「またすぐに辞められてしまうかも」という求人側の不安を取り除くのです。

転職をする理由というのは人によって異なります。例えば「将来のことを考え、大病院などこれまで経験していない異業種で経験を積んでいきたい」「結婚や子育て、仕事と家庭を両立することの出来る職場へ転職したい」など。志望動機を述べる時、自分は何を目的として転職するのかということをはっきり述べることが出来ると、意思を持って長く働ける人材だという印象になります。

 

志望動機の伝え方を工夫する

「現在一般企業でMRとして働いているが、薬剤師の話を聞いているうちに興味をもった」という志望動機をしっかり理由付けた場合、以下のように話すこともできます。

私はこれまで製薬企業のMRとして懸命に働いてきました。
数多くの病院、医師に新薬を採用もらうためには薬の特徴をしっかり把握する必要があります。そのため積極的な勉強を欠かすことの出来ない日々でした。また全国転勤もあったので、様々な土地で柔軟に働いてきました。
MRの活動をしていると、薬局の薬剤師の方々と話す機会も増えてきます。そこで薬局薬剤師の業務には最初あまり関心はなかったのですが、強く興味を持つきっかけとなる出来事がありました。

薬剤師会でも特に広く活躍している薬剤師の方と知り合う機会がありました。その方に誘われ、薬剤師が集まる会に出席させてもらうことになったのです。この時、薬局薬剤師の皆さんがただ薬の説明をしているだけではないと気付かされました。
薬局に勤務しつつも看護学校で講義をしている人、地域セミナーを開催したりと幅広く活動している人・・やる気がある人は本当に積極的に活動をしていたのです。この時から薬局薬剤師は非常に面白い職業なのではと考えるようになりました。
MRという仕事に誇りを持って働いてきましたが、これまでの経験を活かしながら薬局薬剤師としての新たな可能性に挑戦してみたいというのが1番の志望理由です。

また、現在は全国転勤があります。今住んでいるところが好きというのもあり、ひとつの場所で頑張ってみたいという思いが出てきました。なので全国転勤のない調剤薬局での勤務を希望しています。その中でも御社は既に薬剤師の知り合いが何人もいらっしゃる薬局であり、業務内容も優れているとお聞きしました。御社でぜひ働いてみたいと思ったのが志望理由です。

このように、自分の経験や感じたことを交えてしっかりとした意見を述べると非常に良い志望動機に聞こえます。

転職理由は人によって違います。「結婚や出産を機に職場環境を見直したい」「スキルアップを目指したいので病院薬剤師として働きたい」という薬剤師ももちろんたくさん居ます。
中には「今の職場はサービス残業が多くて労働環境が厳しい。年収は下がってもいいので労働環境の良い職場で働きたい」という人も居ます。

いずれにせよ あなたの気持ちを織り交ぜた退職理由を述べて次は長く働けることをアピールしましょう。

 

第二新卒で転職するときに注意すること

「責任のある仕事をしたい」という志望動機

第二新卒での転職でよく聞く志望動機として「もっと責任のある仕事を任されたい」というものがあります。これは薬剤師に限らず他の職種でも同様です。
責任がある仕事も臆さずに挑戦していきたいというのは立派な心づもりかと思います。ただ、薬剤師経験の長い人からすると「まだ若くて知識やスキルもないのに責任のある仕事?」と違和感を覚えることもあります。やる気は感じるけれど、そういうことはもっと成長してから言うべきだ と思われてしまいます。

まだ若くて可能性に溢れている第二新卒はどんどん上を目指していきたい気持ちがあることも分かります。しかし、先輩薬剤師からすればまだまだ知識も実力も不足しているという現実を見なければいけません。現実を見つめた上で謙虚な姿勢も大切ということです。
しかし、ここに実体験を交えて話すと「責任のある仕事をしたい」という理由であっても受け入れてもらえる場合があります。例えば以下のような伝え方にすてみてはどうでしょうか。

現在、ドラッグストアで薬剤師として調剤をしつつもサプリメントや健康食品・化粧品の販売を行っています。化粧品やサプリメントの販売には毎月ノルマを課せられていたため、どのようにして売ればいいのかを自分なりに考えました。そこで私は過去に何度も購入してくれたことのあるお客様のリストを作成し、そのお客様の好みや特徴などを徹底的に覚えて一人ひとりと信頼関係を築くことにしました。その結果、私は薬剤師でありながらも店内でトップの成績を出すことができました。しかし、店長からは「既存顧客の売上ではなく、新規のお客様を増やさなければ意味がない」ということで評価されることはありませんでした。さらには私が行っていたお客様のリストを作ることさえも禁止されてしまいました。
本来、ビジネスではいかにリピート客を集めるかが重要だと私は考えます。自ら考えて行動し、成果が出たものが真っ当に評価されないどころか禁止されてしまう。そこに私は疑問を感じました。
なので、一社員のアイディアであろうともっと自由に採用してもらうことが出来て柔軟に評価してくれる会社に転職したいと考えました。御社は社員一人に対する裁量が大きいと聞いています。御社にて自分のアイディアを出しながら働いてみたいと強く思ったことが志望理由です。

このように自分で努力して何かしらの成果を出している。その頑張りをさらに実現できる職場で働きたいということであれば聞き入れてもらいやすいでしょう。
ただ、多くの人は何も考えずに「責任のある仕事がしたい」とだけ発言してしまいます。この時、評価が下がってしまう可能性はとても高くなるので注意しましょう。

 

上司に恵まれなかった

面接でも退職理由についてはよく聞かれます。その時「前の職場の上司と相性があわなかった」ということを理由にするのは避けましょう。この理由を聞くと採用担当者は「私の会社に相性の悪い薬剤師が居た場合もまた辞めてしまうのか」と思ってしまいます。会社や上司の不満話をしてしまうと、面接官によっては「会社や組織に向かない人」と評価する可能性もあります。
面接官は「この人が自社に入社したら活躍する存在になる人材か」が知りたいのです。元上司の不満を聞きたいわけではないということを覚えておきましょう。転職先で求められていることはあくまで入社後の活躍と成長。自分が力を発揮できる事や意気込み、未来の目標といった熱意を中心に伝えるように心掛けましょう。
もし、退社理由を尋ねられたら「上司が嫌い」という後ろ向きな理由ではなく、「転職先に入社することで実現したいこと、成長できると考えていること」先に繋がる前向きな理由に置き換えて答えられるようにしておくのがベターです。

 

第二新卒の転職には転職サイトを活用する

新卒のときは自分自身で調べたり大学の教授などの力を借りて就職先を決める人がほとんど。しかし、社会人であれば転職のプロが集まる転職サイトを活用しながら良い求人を探すのが基本です。
転職サイトなんて使ったことがない・・と不安に感じるかもしれませんが、20代の転職でも転職サイトは大きな力を発揮してくれるので積極的に活用することを意識しましょう。
転職エージェントは年収や労働条件の交渉を行ってくれます。たとえ既に転職先の薬局や病院を決めていたとしても、転職サイトを活用する人は多いです。自分で直接応募するよりも転職エージェントを通して年収や労働条件を交渉してもらった方がより良い条件で転職できる確率がぐんと高まるからです。

 

転職エージェントはどのようにして交渉をしているのか?

例えば、自分で応募したら年収400万円という場合。転職サイトのコンサルタントに間に入ってもらい給料の交渉をしてもらうことで、年収450万円になることはよくあるのです。
50万円の差はなかなか大きいですよね?薬剤師というのは、基本的に残業などをしないゆとりのある働き方を希望する人が多いです。そのため、企業側は薬剤師が残業などをせずに働いた場合の年収を提示します。
ここで多少の残業があっても大丈夫であることを示し、交渉材料にしてもらうと年収は上がりやすいです。「残業や勤務時間の少ない働き方をしたい人」と「多少の残業があっても問題なく、他の薬剤師が休む場合なども積極的に出てくれるような人」では企業にとっての価値がまったく異なります。
派遣薬剤師の時給は派遣会社へ支払う分も含めて高額である場合がほとんど。
もしあなたが薬剤師として採用された場合、派遣薬剤師を雇用しなくてもいいとなれば削減できた経費の一部をあなたに対して給料という形で還元してほしい。このように考えて転職サイトのコンサルタントは高年収や良い労働条件の交渉してくれるのです。

 

仕事に慣れたら改めて自分を見つめ直す

職場にも慣れて仕事の内容を分かりつつある20代後半。第二新卒と呼ばれるこのタイミングで転職を検討する人は多いです。
初年は仕事に慣れることに必死で自分の将来について考える余裕がありません。2年目や3年目など仕事に慣れてひと段落した時、自分の人生はこれでいいのか?ということを本気で見つめ直すのです。この頃になると「病院薬剤師になることが諦められない」「結婚や子育てを考えて地元に戻って働きたい」など具体的な希望が出てきます。
まだどんなことでも吸収し、成長することのできる20代のうちにじっくりと未来を見据えて行動することはとても大事なこと。転職コンサルタントの力を借りながら焦らずに、自分にピッタリの職場について考えてみましょう。
 

 

-年代別転職情報

Copyright© 薬剤師転職の比較サイト「給与か休日か安定か。はい全部です!」 , 2019 All Rights Reserved.